尾関友徳ピアノリサイタル in Gala 第2部

ベーゼンドルファー中古専門店 Gala工房にて行うピアノリサイタル。

尾関友徳のフランス~ベルギーで研鑽した音色をお聴きください。

尾関ピアノ.jpg

9月25日(土)→延期

​10月16日(土)

 

第2部17:00~18:00
Gala工房(静岡県掛川市長谷1-15-6)
20名限定(完全予約制)
使用ピアノ:ベーゼンドルファー
チケット:2,500円

 

~お申込み方法~

チケットは完全予約制です。

電話:事務局(高橋) 0537-21-1893

​専用フォームからお申込みください。

​~ Proglam ~

F. Liszt
孤独の中の神の祝福
ラ・カンパネラ
スペイン狂詩曲 

           等

​※第1部と第2部は同じ

プログラムになります。

◆新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力のお願い◆
・マスクの常時着用、咳エチケット、入場時の手指消毒や検温へのご協力をお願いします。
・次の条件に該当されるお客様はご来場をお控えください。
①37.5度以上の発熱の症状もしくは体調に不安のある方。
②マスクをご着用いただけない方(マスクは各自でご用意ください)。
③新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方。
④公演日から遡って2週間以内に海外から日本へ入国された方。

◆尾関友徳 (おぜきとものり)

 1988年岐阜県出身。

 菊里高等学校音楽科・東京音楽大学を卒業の後、2010年にフランスへと留学し、パリエコールノルマル、パリ地方音楽院にて研鑽を積む。その後2013年よりベルギーのブリュッセル王立音楽院(CRB)修士課程へと進み、優秀賞付きで同課程を卒業する。

 2015年からはブリュッセル王立音楽院(KCB)に籍を置いて古楽的なアプローチを学び、バロック・古典時代から息づく伝統の奏法をモダン演奏に活かす研究を続けた。

 現在は日本国内のみならず、海外でのソロリサイタルを毎年開催しており好評を博している。また、仏語レッスン通訳としての活躍や、録音技師として演奏会やコンクールの記録を担当する事を通して、クラシック音楽の普及と発展に貢献している。

 これまでに、在ベルギー日本大使館の大使公邸にて招待演奏をする他、マラガ国際音楽祭やニース国際音楽祭等、多くの国際音楽祭に参加しコンサートを行っている。室内楽においても、ベルギーラジオ局RTBF主催のMusiq 3音楽フェスティバルへの参加をはじめ、多数の演奏を引き受けている。

 

 ピート・クイケン、ヨハン・シュミット、ビリー・エイディ各氏に師事。