M&Aコンサートの始まり 

チケットの事でお電話くださった方たちとお話しすることが度々あります。

そんな時、どうやってコンサート企画するようになったのですか?

コンサートの演奏者派遣する会社ですか?など聞かれたりします。

私も時間がある時など初めての方と30分も話し込んでしまうことも。

この会に興味を持ってくださった方には全部知っていただきたい!ので

「若いアーティストを育てる演奏会」という名前で2012年の6月から始まったコンサートですが、どうやってスタッフが集まりどのようにこの会が発足したのか、何回かに分けて書いてみようと思います。スタッフの事も!

この時点では、まだジャズコンサートは企画していません。

クラシックの演奏会として始まったコンサートです。


今も、この会の中心となっているガラ工房の事からお話しさせていただきます。

(是非、ガラ工房のホームページも新しくいたしましたのでご覧ください。)

ガラ工房の創業者、福田泰博は調律者として福田多恵子はベーゼンドルファーのピアノの売買を通じて、長い間ピアノに関わり、多くの一流ピアニストとの交流がありました。

そしてその娘の高橋恭子は、音楽教室を運営しながら自宅でのコンサート企画も行っていました。

そのコンサートが基盤となり、2012年からのかねもコンサートへと繋がっていきます。


続きはまた明日。




43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示