川﨑翔子ピアノリサイタル終了

昨日、満席で迎えた川﨑さんのリサイタル。

お昼頃から掛川市付近は大雨と雷で雲行きも怪しく心配していましたが、皆さんがいらっしゃる時間、お帰りの時間には傘は必要ありませんでした。


念入りにリハーサル。翔子さんの真摯にピアノに向かう様子が見れました。

ピアノはベーゼンドルファーです。



1部はショパンが中心、翔子さんのピアノの音が力強く、メッセージを出しているかのようにグイグイと心の中に入って来ました。幻想即興曲もペダルの使い方が素敵で気になってしまいました。

現代曲のリゲティは、翔子さん曰く、音符の数が多く、楽譜は真っ黒だそうです。

かなり難しそうですね。88鍵全部使う曲というのもとても面白く、聴き入ってしまいました。

現代曲は苦手意識があったのですが、これをきっかけに聞いてみようかしらと思いました。

ショパンの練習曲12番の中の「木枯らし」は風の音と間違えるようなピアノの音。

そしてちょうどその時に外は雷で、まさに木枯らしの中にいるような錯覚を起こしました。

ショパンのエピソードなどトークを交えながらも、時間をフルに弾いてくださり、皆さん

とても満足してお帰りになりました。



持って来ていただいたCDも完売。

皆さんと気軽にお話ししてサインしてくださる翔子さん、また来てくださいね。



M&Artsでは今若い力が活躍中。SNSは彼女たちに頼っている私たちです。

今回もラインの公式アカウントのQRコードを作ってくれて皆さんの携帯への入れ方を教えてくれました。この件についてはまたゆっくりと説明いたします。


最後は恒例スタッフとの写真。

この後、名古屋でのお仕事のために大急ぎで新幹線に飛び乗った翔子さんでした。

豊かな気持ちになりました、とのお言葉を大勢の方からいただきました。

ありがとうございました。



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示