北端祥人ピアノリサイタル@かねも

すっきりとした秋晴れの午後、会場には早くから大勢の聴衆が集まり、リサイタルへの期待がうかがえる。


 今回の会場の展示は、『森下真暮らしの中の椅子展』

会場には、一枚板のテーブルが目を引くダイニングセットと、木の美しさと機能美が味わえる両開き戸棚が展示されていた。実際に触れることができ、座り心地の良さやきのぬくもりを体感しながら開演を待つ姿が多く見られた。


-------------------------------

北端さんの演奏は、ドビュッシーから始まった。

C.ドビュッシー前奏曲第2巻より

 今回はそのうちの8曲が演奏された。曲が始まると深みのある音が会場中に広がり、一気に曲の世界へと誘われる。

 異国情緒あふれる曲では、音の輪郭を強調し異国のリズムを心地よく刻む。また別の曲では、爽やかな風をすっと会場に吹かせたりと、色彩豊かな音色で時の移ろいや様々な情景を物語った。

 最後は、花火。火花の一つ一つが生命を持つかのように弾ける様が音で描写された。大きなうねりのように流れるアルペジオは、花火の雄大さを感じさせた。

F.ショパン:幻想ポロネーズ 変イ長調作品61

 低音域と中音域の音色の違いが活かされ、時折、聖歌隊の合唱のようにも聴こえた。

北端さんもベーゼンドルファーを愛されていて、この楽器の持つ特色をよく理解され音色を操られていると感じた。また、この曲ではとても美しいトレモロを聴くことができ、それはまさに癒やしの音色であった。

休憩をはさみ、後半はブラームスからスタート。

J.ブラームス:6つの小品 作品118

 勢いのあるサウンドで後半は華々しく始まった。2曲目の間奏曲は、大きく豊かな愛を感じる演奏だった。切なさも美しく表現され心に響いた。

 次の曲からはガラリと印象が変わり、躍動感あふれる演奏が繰り広げられた。北端さんの演奏は、力強さがベーゼンの豊かな響きの中で調和し、単なるパワーとしてではなく本質的な力強さが感じられ、大変心地よかった。ブラームスの華やかさと力強さがあらゆる音色で表現され、聴衆からも高く評価された演奏であった。

F.リスト:巡礼の年 第2年補遺「ヴェネツィアとナポリ」

 曲が始まると、イタリアの風が音色とともに流れ、音楽で訪ねる異国の旅への期待が膨らむ。とても深く力強いffは、各地を巡る中で感じる歴史の重みを感じさせる。そこで生きた人々の心に思いを馳せるような姿も、北端さんの演奏からは感じられた。

 中間部では、クリスタルのように美しく研ぎ澄まされた高音の細やかな動きと、低音の奏でる力強いffの対比が際立ち印象的だった。

 高い集中力で挑んだ濃厚なプログラムが終わり、少しほっとしたような表情の北端さん。それぞれの曲についてや、作曲家とベーゼンドルファーの関係をわかりやすく解説してくださった。

 アンコールは、譜めくり担当として同行された、ピアニスト 守重結加さんとの連弾。(ちなみに、守重さんは北端さんの奥様である。)

♪J..バッハ(G.クルターク編):神の時こそいと良き時 BWV106

 お二人の温和なお人柄が音色にも表れ、とてもあたたかく幸せな響きが会場を包みこんだ。息が合うだけでなく、それぞれの奏でる音同士の親和性が非常に高く、連弾であることを忘れるぐらい美しい演奏だった。

 ベーゼンドルファーのピアノの魅力は、多彩な音色が楽しめることだと私は思っている。異なる5人の作曲家を取り上げ、様々な曲想を多彩な音色で見事に表現した今回のリサイタルでは、ベーゼンドルファーの音色がもつ特色と北端さんの音楽性を存分に堪能することができた。

リサイタル終了後、またベーゼンを弾きに掛川に来たいと話された北端さん。本当にベーゼンを愛されている方だ。またこのホールでお会いできる日を、楽しみにしています。


閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示